男性の絵本作家

男性でも絵本作家になれる?

絵本というと、可愛らしいイラストが印象的だからか、お母さんが子どもに読み聞かせるものという考え方が定着しているからか、どうしても女性的なイメージを抱かれることが多いようです。

しかし、絵本作家として活躍する人は性別問わずいますし、男性でも名の知れた絵本作家は数多く存在します。

ほんの一例を挙げると、世代を超えて愛される作品を数多く残している「五味太郎さん」、国語の教科書にも採用されている『あらしのよるに』が有名な「きむらゆういちさん」、テレビ番組でも取り上げられ話題になった「のぶみさん」などです。

小説家や画家と同じように、絵本作家も性別関係なく活躍できる仕事だといえるでしょう。

兼業で活動する人も多くいる

これは男性に限ったことではありませんが、絵本作家は、兼業作家として働いている人が多い職業です。

絵本の世界は狭く、絵本作家として安定的な収入を得るのは非常に難しいことから、有名になるまでは地道に他の仕事をしながら空いている時間を使って作品づくりをするというのが一般的です。

とくに家庭を持っている男性の場合、家族を養うだけの収入を得なくてはならないといったこともあり、会社勤めをしながら絵本を制作している人も少なくないようです。

広告関連の仕事や編集の仕事など、文章や出版に関係する仕事に就いている人もよく見られます。

個性が評価されるケースも

絵本作家は、もちろんストーリーの魅力やイラストのセンスで評価されるところが大きいですが、それに加えて作家自身の個性に注目が集まることもあります。

たとえば、前述した「のぶみさん」は、元ヤンキーという肩書きで話題を集めていますし、作家がどのような生き方をしてきたのかといった点に注目され、それによって人気が出ることもあるようです。

何か特別なことをしていなくてはならないというわけではありませんが、さまざまな経験を積み、心身ともに充実した日々を送ることは、作品をつくるうえでも大いに生きてくるでしょう。