DTPオペレーターの志望動機、面接

DTPオペレーターの志望動機

デザインを組み立てるのが好き

グラフィックソフトを使って、年賀状や学校で配布する資料などのデザインをした経験があり、画面上でレイアウトが整っていく作業の楽しさを知った、という動機を述べる人が多いようです。

デザインを考案することよりも、パソコン上での緻密な作業が性に合っていると感じる人は、デザイナーよりオペレーター向きであるため、適性のアピールにもなります。

将来的にはグラフィックデザイナーを目指している

グラフィックデザイナーへの登竜門としてDTPオペレーターを志望する人は少なくありません。

両方の職種を採用している会社なら、そのことを志望動機に挙げてもまったく問題なく、やる気のある将来有望な人材だと受け取ってもらえるでしょう。

DTPソフトが一通り使える人なら、専門学校でデザインを学ぶよりも、社会に出て制作の現場で働きながら学ぶことは実践力をつける近道でもあります。

印刷物に興味を持った

広告やカタログ、フライヤーなどを見て気に入ったデザインがあり、自分も作ってみたいと思った、どうやって印刷されているのか、その工程に興味を持ったという経験がある人も多くいます。

新卒の場合、「興味がある」といったことでも、上記のように「何をきっかけに、どんなことに興味を持ったか」を具体的に述べれば、志望動機として立派なアピールポイントになるでしょう。

面接時のポイント

志望動機に加えて、DTPソフトのオペレーションスキルは必ず聞かれます。MachintoshのOSやIllustrator、Photoshopのバージョンなどを答えられるようにしておきましょう。

また、趣味程度であっても、デザインした作品があれば持参するといいでしょう。

新卒者のデザイン知識やスキルは、プロの世界では取るに足らないものです。それよりも採用担当者は、就職希望者がいかに伸びしろを持っているかを見極めるため、キラリと光るセンスを求めているのです。