DTPオペレータの資格

DTPオペレーターと資格

DTPオペレーターは資格を必要とする職種ではなく、取得していても就職の際に有利になるものではありません。

しかし、DTPに関連する資格は、即戦力として使えるスキルを習得している証明になるため、持っていても損はないでしょう。

また、パソコンスクールや通信講座のDTPコースで学ぶ場合、目標として資格の取得を推奨していることもあります。業界で通用するレベルかどうか、腕試しのために受験してみるのもいいかもしれません。

DTPに関連する資格

DTP関連には国家資格はなく、すべて民間の資格となります。受験資格は問われません。

DTPエキスパート

よい印刷物をつくることを目的として、公益社団法人 日本印刷技術協会(JAGAT)が提供する認証制度です。

DTPエキスパートとして認められると、印刷の基礎、DTPやコンピューターに関連する知識を習得している証明になります。

DTP検定

株式会社オラリオが主宰する、DTPシステムの普及による産業界の高度情報化への貢献を目的とした検定です。

コンテンツ理解力、デザイン能力、編集・レイアウト能力、オペレーション能力といったDTP実務の技術と知識を量ることで、現場で実践できるDTP能力を客観的に判断します。

Photoshopクリエイター能力認定試験

株式会社サーティファイの主宰による、アドビ社のPhotoshopを駆使した画像の加工、調整などの編集能力を測定する試験。

スタンダードとエキスパートの2つの階級があり、それぞれ提示されたテーマや素材からコンテンツを制作する能力を認定します。

Illustratorクリエイター能力認定試験

アドビ社のIllustratorによるグラフィックコンテンツの制作能力を測定する、株式会社サーティファイ主宰の試験です。

スタンダードとエキスパートの2階級で、ドキュメントデザイン技術に関する知識やコンテンツを制作するスキルを判定します。