DTPオペレーターになるには

ほとんどの人は学校で学ぶ

DTPオペレーターには資格や免許は必要ありませんが、グラフィックデザイナーが考案したデザインをデジタルでいかに表現できるかが勝負の職種であるため、デザインの専門知識や技術は必須のスキルです。

中には独学や就職後にアシスタントをしながら学ぶ人もいますが、この方法だと参考にした書籍や、かかわった案件により、習得できるスキルが偏ってしまうことがあります。

そのため、ほとんどの人はデザイン系の専門学校またはDTPコースをもつパソコンスクールなどに通い、どんな職場であっても通用する知識と技術を身に付けます。

もちろん芸術大学卒でもスキルは充分ですが、そのような人はオペレーターではなくデザイナーを目指すのが一般的でしょう。

習得するべき知識と技術

DTPに用いられるパソコンは、現状、100%近くがAPPLE社のMachintoshです。

アプリケーションはアドビ社のグラフィックソフトであるIllustratorやPhotoshop、編集ソフトであるInDesign、同じくQuark社のQuark Xpressなどが使われます。

こうしたパソコンやアプリケーションを自在に使いこなす技術に加え、デザインや印刷に関する知識、レイアウトのセンスも身に付ける必要があるでしょう。

就職から一人立ちまで

DTPオペレーターを目指す人の就職先は広告代理店、出版社、印刷会社、デザイン事務所などですが、大手の広告代理店や出版社では大学卒を採用条件にしているところもあります。

最初は先輩DTPオペレーターのアシスタントのような業務をしながら、実際の現場で、その会社に合った仕事の進め方、クライアントの特長やクセを学びつつ、オペレーションスキルを磨いていきます。

その後、会社側に充分なスキルを習得したと判断された人は一人立ちして、1つの案件を任されるDTPオペレーターとして活躍するようになるでしょう。

アシスタント期間は数週間から1年ほどで、人により、また会社の規模や方針によっても異なります。