DTPオペレーターの勤務時間・休日

残業は当たり前

DTPオペレーターが勤務するデザイン事務所や編集プロダクションは、10時から19時が定時となっているところが多いようです。

しかし、締め切りのある仕事なので、残業が発生するのは当たり前。

DTPオペレーターが制作する広告やセールスプロモーションツールにはすべて納期が決まっており、そこから逆算してスケジュールが組まれます。

たとえばポスターを作る場合、初校、2校、入稿、色校正と、順調に運んでも4回のクライアントへの提出、赤字戻し、修正を繰り返します。

途中で掲載する内容が変わったり、なかなかOKが出なかったりすると、3校、4校と追加され、ますますスケジュールが厳しくなっていきます。

クライアントからの赤字戻しが遅れた場合でも、次の提出日までに間に合わせて修正作業を進めなければならないことが多いため、残業は日常的に繰り返されるのです。

このような環境から、広告・出版業界全体として、あまりの忙しさに耐えられず辞めていく社員が後を絶たないという問題を抱えています。

ただし、あまりにも遅い時間まで残業になった場合は、翌日の業務が立て込んでいない限り遅めの出勤が許されるなど、柔軟な勤務体制をとる会社が多くあることは救いだといえるでしょう。

また、派遣社員の場合はそこまで残業は多くはなく、本人の都合が合えば残業を頼むといったパターンが一般的です。

休日出勤は代休で穴埋め

ほとんどのデザイン事務所や編集プロダクションは、一般的な企業と同じように土日の週休2日制を採用し、正月やお盆の休暇も設けています。

しかし、前項で述べたように、DTPオペレーターは締め切りに追われる仕事であるため、どうしても提出日までに作業が終わらない場合は休日出勤もやむを得ません。

ただし、よほどのブラック企業でない限り、後日、スケジュールが立て込んでいない日に代休を取ることができます。

また派遣社員の場合は、不測の事態が発生しない限り、休日出勤はほとんどないと考えていいでしょう。