DTPオペレーターの1日

あるDTPオペレーターの1日

DTPオペレーターの仕事内容は、職場や雇用形態によって大きく異なります。

ここでは大手デザイン事務所に正社員として勤める、あるDTPオペレーターの1日をご紹介します。

08:30 ジョギング

DTPオペレーターは1日中座りっぱなしの職種であるため、運動不足になりがちです。

一般的な企業に比べるとデザイン事務所は出社時間が遅めであることが多いため、朝の時間を利用して体を動かしています。

10:00 出社

前日に大幅な残業をしない限りは定時に出社。同僚のグラフィックデザイナーやコピーライターの中には、出社時間をずらす人もいます。

出社後は、前日からの案件のオペレーション作業を引き続き行います。

13:30 休憩

デザイン事務所では、社員が各自、自由な時間に昼の休憩を取ることが認められている会社が多くあります。

仕事の区切りが良く、飲食店の込み具合がピークを越えたこの時間にランチに出かけます。

14:30 新規案件ミーティング

午後から出社してきたグラフィックデザイナーやアートディレクターなどとともに、次の案件に関するミーティングを行います。

媒体、デザインコンセプト、スケジュールなどをしっかり確認します。

16:30 デザイン打ち合わせ

前日からの案件について、グラフィックデザイナーに進捗報告をし、チェックを受けます。

問題がなければこの案件はクライアントに提出され、クライアントのチェック結果待ちとなります。

21:00 退社

定時は19時までですが、新規案件の提出日を厳守するため、作業時間が足りない場合には残業します。

深夜作業や徹夜になることもまれにあります。

23:00 勉強

グラフィックデザイナーへの昇格を目指すDTPオペレーターは、帰宅後も最新の情報を収集したり、デザイン本に目を通したりといった、よりスキルアップするための勉強にも取り組んでいます。

他にも、コンテストに応募するための作品制作、自分のポートフォリオの制作など、自宅のパソコンを使って自分の将来のために努力を欠かさない人が多く見られます。