DTPオペレーターのさまざまな働き方

派遣社員として働く

DTPオペレーターはオペレーション作業を中心とする職務であり、必ずしも正社員である必要はないため、派遣社員を雇用する会社が増えているようです。

会社にとっては、忙しい時期は派遣社員を増やし、そうでない時期は減らすといった雇用の仕方ができるのが、派遣社員を使う最大のメリットですが、長期間、同じ人材を雇い続ける会社もあります。

働く側から見ても、正社員は夜中まで残業せざるを得ないこともありますが、派遣社員なら強制されることはなく、肉体的・精神的にも楽ですし、働いた分だけ収入になるため、納得して仕事に望むことができます。

経験者のみの採用なので、結婚と同時に退職した主婦が、子育てが一段落して再就職する際にもぴったりな雇用形態だといえるでしょう。

通常、クリエイティブ職の派遣はクリエイティブ系に特化した派遣会社でなければ扱わないものですが、DTPオペレーターは一般職の派遣を行う会社からも広く派遣されています。

複数の派遣会社に登録できるため、就業のチャンスが多いというメリットもあるのです。

アルバイトとして働く

派遣社員は派遣会社の所属ですが、デザイン事務所や編集プロダクションなどが直接アルバイトを雇うケースもあります。

仕事が立て込み夜中までかかる場合は2交代にするなど、1人のDTPオペレーターに負担がかかりすぎないよう、常識的な勤務時間内で効率よく作業できるように考慮されています。

就業するには、DTPオペレーターの経験者、またはDTPソフトを使いこなせるスキルが必要です。

在宅で働く

長年経験を積んだ実力のあるDTPオペレーターの中には、独立してフリーランスとして働く人もいます。

DTPオペレーターはクリエイティブディレクターやグラフィックデザイナーあっての仕事なので、人脈がなければ独立しても継続的に仕事が入ってくることはありません。

フリーランスで活躍し続けるには、仕事を発注してくれる人脈構築が鍵といえそうです。