DTPオペレーターになるための学校、スクール、通信講座

DTPオペレーターと学歴

基本的にDTPオペレーターには資格も学歴も必要ありませんが、大手の広告代理店や出版社の正社員としての採用は大学卒が条件になっていることがあります。

こうした会社のDTPオペレーター採用は、将来的にグラフィックデザイナーへの転身が前提であり、ずっとDTPオペレーターであり続けたいと希望する人向けではありません。

DTPオペレーターを目指すためだけが目的ならば大学を出る必要はなく、専門学校卒で充分でしょう。

専門学校で学ぶこと

大手以外の広告代理店、出版社、印刷会社、デザイン事務所、編集プロダクションなどの中には、専門学校卒を採用条件にしている会社が多く存在します。

就職できる会社の間口の広さでいえば、スクールや通信講座よりも専門学校で学ぶことが得策だといえるでしょう。デザイン系またはDTPコースのあるコンピュータ系の専門学校が適しています。

専門学校では、APPLE社のMachintoshパソコンを使って、IllustratorやPhotoshop、InDesign、Quark Xpressなどのアプリケーションを使いこなす技術を習得。

あわせて、デザインや印刷の基礎知識を身に付けるとともに、たくさんの優れたデザインを見て学び取ることで、デザインやレイアウトのセンスを磨きます。

スクールや通信講座で学ぶこと

職人気質の社風があるデザイン事務所や、専門性のある案件を多く抱える会社の場合、大学や専門学校でデザインを学んでいない人材の方が優遇されることが少なくありません。

こうした会社は、就職後、自社に合った仕事の仕方を一から習得してほしいという考え方であるため、高校卒でデザインに興味があり、独学でセンスのいい作品を作っているような人が好まれる傾向にあります。

ただし、IllustratorとPhotoshopのオペレーション技術は必須であるため、独学で習得していない人はパソコンスクールや通信講座のDTPコースで身に付けるのもひとつの方法です。