動物飼育員の資格

動物飼育員は、なるために特別な資格が求められる仕事ではありません。ただし、業務に生かせる資格はいくつかあり、それらを持っていると就職や転職の際に有利となることが多いようです。

ここでは、動物飼育員の関連資格として代表的なものを紹介します。

獣医師

動物飼育員の仕事に深く関わる資格としては、「獣医師」が挙げられます。獣医師は国家資格であるため、獣医系大学で6年間学び、獣医師国家試験を受けて合格しなければなりません。

施設によっては、獣医師の国家資格に合格していることを動物飼育員としての採用における必須条件としているところもあります。間口を広げる意味でも、ぜひ目指したい資格です。

とはいえ、獣医系大学の数は決して多くなく、募集人員も少ないため難易度は高いです。獣医師国家試験合格を動物飼育員になるための第一関門として考えるなら、しっかりと受験体制を整えて臨む必要があります。

また、獣医師免許があれば、必ず動物飼育員になれるということでもありません。この仕事では、実務経験が評価されることも多いため、その点には留意しておきましょう。

獣医師の仕事

学芸員

動物飼育員の仕事は、動物の世話だけに限りません。たとえば動物園に勤める場合、来園したお客さまに動物の生態について解説をしたり、ショーなどのイベントの企画といった業務まで担当します。

その際には、経験から得た知識だけではなく、学術的な知識も必要となってきます。大学で学芸員の資格をとることも、動物飼育員になるための一つの近道と考えられます。

学芸員の仕事

その他の資格試験など

その他、「愛玩動物飼養管理士」も動物飼育員に関わる資格の一つだとされています。

こちらは「社団法人日本愛玩動物協会」が公認する資格で、動物に関わる法令や保健衛生、公害問題、動物の疾病予防、各種動物の飼養管理、犬猫のしつけ等の知識を体系的に習得・普及する指導員を養成するために作られたものです。

なお、全国にある動物園や動物関連施設は、民間企業が運営するところもあれば、公営のところもあります。

もし公営の動物園に勤めたい場合は、各地で実施される地方公務員採用試験を受けて、地方公務員として採用されなければなりません。