動物園の飼育員になるには

動物飼育員は、毎日たくさんの動物に囲まれて働いています。動物好きな人にとっては天職ともいえそうな仕事ですが、実は、動物飼育員の勤務時間は不規則にもなりがちで、意外に重労働でもあります。

将来、この仕事に就くことを目指している人は、仕事内容をよくチェックして備えましょう。

動物園の飼育員として働くには

動物飼育員は、動物園やサファリパークなどの動物テーマパーク、あるいは熊だけ、猿だけといった専門動物園などで働いています。

これらのいずれにおいても飼育員の求人数はあまり多くなく、就職希望者にとっては非常に狭き門となっています。

こまめに求人情報をチェックしたり、まずはアルバイトとして働き、人脈を作るなどの努力が必要です。

なお、民間の施設でなく公営の動物園などで働きたい場合は、高校あるいは大学で学び、公務員採用試験を受ける必要があります。

試験に合格後、動物園に配属されることで飼育員として活動できますが、数年に1回程度の異動もあるため、必ずしも望んだ職場に配属されるとは限りません。

飼育員になるために必要なこと

動物園などで働く飼育員にとっては、動物と触れ合う経験こそが何より重要です。学歴や知識以上に、さまざまな現場経験が求められる仕事でもあるのです。

しかし、全員が即戦力になれるわけではありません。たとえ未経験からのスタートでも、アルバイトやパートとして採用してもらえる可能性はあります。

現場で先輩に教わりながら、徐々に知識や経験を付けていくことで、さまざまな状況に対応できるようになります。

研究活動など、より専門的な知識が求められる仕事を行うためには、担当する動物に関しての深い知識が求められるケースがあります。

そのため、多くの動物飼育員は、大学などで獣医学、畜産、生態など、動物に関する知識を専門的に学んでいるようです。

動物園飼育員の給料

動物園の飼育員として働く場合、民間の動物園施設よりも、公務員として働く公的施設のほうが給料は高い傾向にあります。

その背景としては、動物にまつわる伝染病のリスクや危険な猛獣を扱うこともあることから、公務員の場合は「特別手当」が支給されることによって、額面が高くなるということが挙げられます。

動物飼育員のキャリアアップ

動物園の飼育員と一定の経験を積むと、「社団法人日本動物園水族館協会」が認定する「飼育技師認定試験」を受けることができるようになります(同協会に加盟する動物園・水族館で2年以上飼育に携わった場合)。

キャリアを重ねることで、動物の専門的な生態研究を進め、希少動物の種の保存など、学問的な貢献を行う業務活動を行うことも可能となります。

ただ動物の世話をするばかりでなく、自主的に動物の研究活動や動物愛護活動などを続けながら活躍し続ける人も少なくありません。