未経験でも動物飼育員になれる?

経験者が有利になる仕事

動物飼育員になるには、ファーストステップとして動物飼育員の採用募集情報を見つけ、応募するところから始まります。

多くの飼育員志望者は大学の畜産学科や獣医学科、あるいは動物関連の専門学校で、動物の生態等に関する基礎的な知識・技術を身に付けた後の就職を目指しています。

動物園にいる動物たちは、人間が自宅で飼うペットとは異なり野生に近い環境で暮らしていること、また私たちの日常生活ではあまりなじみのない中型〜大型動物もたくさんいます。

そのため、一般的に、飼育の専門知識や経験が求められる仕事であることは事実です。

とくに、動物園では最低限の飼育員で回しているところも多く、「定期的に新人を採用して育てる」といった職場はあまり多くありません。

そのため、人材採用も退職者が出た場合に、すでに経験のある即戦力となれる人を求めることが非常に多い世界であるといえます。

それでは、経験者でなければ絶対に動物飼育員になれないのかというと、そうとも限りません。

アルバイトから人脈を作る

経験のない人がどうしても動物飼育員になりたいと思ったら、アルバイトや臨時職員からスタートすることも一つの手です。

いきなり正規職員として採用されるのは、たとえ専門学校卒業生であっても枠の関係で難しいことがあります。

そのため、未経験者は臨時職員としての採用を狙っていったほうが、動物園で働ける可能性は高まるかもしれません。そして、現場で仕事を覚えながら人脈を作っていくのです。

中にはアルバイトを全力で頑張り、園長に推薦をもらって正規職員に昇格したという経験を持つ人もいます。

最初は給料もあまりもらえず生活は厳しくなるかもしれませんが、狭き門である動物飼育員を目指すのであれば、それくらいの覚悟は持って置く必要があるといえるでしょう。