動物飼育員の専門学校で学ぶこと

動物飼育に関する専門性を高める

動物飼育員は、動物飼育や動物の生態に関する知識が求められる仕事です。

また、動物園では欠員が出た際に即戦力になれる人を求める傾向にあるため、就職前に少しでも知識や経験を身に付けることを目的に、動物関連の専門学校に通う人が多くいます。

動物飼育員以外にも、トレーナー、動物看護師、トリマーなど、動物に関わる職業はいくつもあります。

これらを目指す人が集まっているのが動物の専門学校です。動物飼育員を目指す場合、「動物飼育専攻」「動物管理科」などの専攻や学科を持つ学校を調べてみればよいでしょう。

陸・水両方の生物を学べる学校も

専門学校では、講義だけでなく実習にも力を入れる学校が多いようです。小動物を中心とする動物を飼育している学校が多く、習性や飼育方法、展示方法などに関して、動物と触れ合いながら学ぶことができます。

また、動物園や牧場などと連携し、現地で見学実習や演習を行う学校も見受けられます。

一般的には、動物園で働くことを前提としたカリキュラムとなっていますが、中には水族館への就職を視野に入れ、水中の生き物についても同時に学べる学校があります。

1年次は両方の生き物について学び、自分の希望や適性がはっきりとわかってきたところで、2年次から専攻を分けるといったものです。

ただし、多くは「動物園」と「水族館」のそれぞれ目指すほうによって、学科や専攻が分かれていることのほうが多いようですので注意してください。

また、専門学校の場合、学校ごとに校風や実習内容、カリキュラムが大きく異なるケースも多いため、よく比較して選ぶようにしましょう。

卒業生の就職先を見ておくことも大切です。動物園勤務を希望するのであれば、動物園への就職実績が多い学校を選んだほうが、就職に関する情報もやはり入手しやすくなるでしょう。

大学から飼育員を目指す

なお、四年制大学からでも飼育員を目指すことは可能です。

農学部、理学部などで動物生態学などを専攻することが近道になると考えられますが、大卒者の場合は飼育員を目指す以外に、動物に関する研究職や社会教育、動物園経営などの方面へ進んでいく人も比較的多く見受けられます。