動物飼育員に学歴は必要?

専門学校卒業生が多い

動物飼育員は、なるために絶対に必要とされる資格もなく、さまざまな学歴を持った人が活躍しています。

しかし、採用募集数が非常に少ないため、なるのはかなり厳しい仕事だといえます。

とくに、未経験者や経験の浅い人が正規の職員として採用されるのは困難であり、まずはアルバイトや臨時職員として経験を積んで、正規採用を目指すという人が大勢います。

また、この仕事は専門知識が求められる仕事。競争が厳しいがゆえ、専門学校や大学で動物飼育のことを学んでから就職を目指す人が多いのも実情です。

専門学校であれば「動物管理課」や「動物飼育科」など、動物飼育員になることを前提としたカリキュラムをもつ学校がいくつもあります。

一方、大学であれば農学、畜産、水産、生物、海洋生物に関する学部・学科が挙げられるほか、難易度の高い獣医系大学に6年間通い、獣医師免許を取得する人もいます。

獣医師免許があったり、難易度の高い大学を出ていれば、資格や学歴のうえでは多少有利になる可能性があります。

しかし、全体として狭き門といえる職業であるため、いくら学歴が高くても動物園や動物関連施設への就職が約束されるものではありません。

公務員になりたい場合は要注意

公務員の動物飼育員になりたい場合には、民間企業へに応募する場合よりも注意が必要です。

「動物飼育員」という職種での募集がなされる場合は、年齢制限があるほか、実務未経験者の場合は

「大学(大学院及び短大を含む)、高専、専修学校等において動物に関連する課程・学科を専攻して卒業・修了(見込)の人」

といった条件が掲げられていることが大半です。

そのほか、地方公務員の「行政職」になり、動物園に配属されれば、飼育員の仕事を行うことができます。

この場合、試験内容は「大卒程度」「高卒程度」といったように分けられており、専攻などは問われませんが、実際、動物園で働く職員の数は決して多くありません。

そのため、獣医学部や畜産学部などで専門的に勉強した人が有利になるともいわれています。

一方、動物飼育の仕事を「単純労働作業」と位置付ける自治体の場合、大卒者では試験を受験できないケースもあります。

公務員の動物飼育員の募集状況は、地方自治体や募集年度によっても異なるため、必ず事前に確認するようにしましょう。