動物園でのアルバイト

動物園のアルバイトとして経験を積む

動物園やサファリパークなどでは、飼育員の採用人数があまり多くなく、また定期採用を行うところもほとんどないため、どうしても狭き門となってしまいます。

とくに、正職員や正社員の採用においては即戦力になれる人が求められる傾向にあり、動物飼育の専門知識や業務経験を持っている人が優先的に選ばれやすい状況です。

そのため、未経験者が動物園で働きたい場合は、まずアルバイトとして現場に入り、経験を積むという道を考えていくのもよいかもしれません。

アルバイトであれば未経験者でも採用される可能性は高まりますし、自分の好きな時間に仕事を行うことができるというメリットもあります。

動物に関する勉強をしながら、現場経験を積みたいという人にとっても向いているといえます。

まずはアルバイトから動物飼育の仕事をスタートし、実力がついたところで正社員としての就職を目指すのもよいでしょう。

動物園でのアルバイトの仕事内容・待遇

動物園で働く飼育員のアルバイト情報は、インターネット上の求人サイトや求人雑誌等を使って、比較的簡単に探すことができます。ただし、その多くは地方の動物園やテーマパークなどです。

動物園のアルバイトで働く場合の給料は、「時給制」が基本となります。給与相場は、勤務先の地域によっても異なりますが、おおよそ時給800円前後となっています。

アルバイトの場合、正社員の通常業務の補佐的な仕事を任されることが多いため、給餌や清掃、展示の準備等、いずれ正社員を目指すにあたって必要な業務経験を積むことができます。

アルバイトから正社員に

動物飼育員のアルバイトをする人は、その後、本格的に動物飼育員として働くことを目指している人が大半です。

アルバイトでの働きぶりが良かったり、職場の経営状態が良ければ、そのまま正社員として登用されることもあります。

動物飼育に関連する資格を持っていたり、大学等で専門知識を学んでいる人が有利になりがちな動物飼育員の就職ですが、それ以上にアルバイトでの業務経験が評価されることも多いです。

未経験者であっても、着実に経験を積んでいけば、より良い条件の下で就職することは可能です。