動物看護師の通信講座

手軽に学べる通信講座

動物看護師は、現在のところ国家資格が必要な仕事ではありませんが、動物看護に関する専門知識が求められる仕事です。

そのため、この仕事に就きたいと思ったらまず動物看護について勉強できる学校に通うことを考える人も多いようですが、学校に通うのには費用がかかりますし、期間も必要です。

それに比べて、動物看護師の通信講座を受講するのはコストも安く(約7万円~10万円以下)、時間もそれほどかかりません。

手軽に動物の健康ケアについて学ぶのにはいい方法だといえます。

ただし、動物看護師の通信講座のみで取得できる講座は、動物看護師の公的な資格化を目指す「動物看護師統一認定機構」が認定する認定動物看護師の資格ではなく、「小動物看護士」や「愛犬飼育管理士」など、スクールなどが定める独自資格のみです。

そういった資格を就職に生かそうとしたとき、どの程度評価されるかは未知数です。

動物看護師資格に大きな変化

「認定動物看護師」を主催する動物看護師統一認定機構には、日本獣医学会や日本獣医師会など獣医師の団体も賛同しています。

今後、動物病院で動物看護師として勤務するためには、この統一資格を持っているほうが有利になると予想されます。

また、同団体は認定動物看護師資格を近い将来、公的な資格にしようと国に働きかけています。

現在は、通信講座で基礎的な動物看護の知識を身につけたり、別の動物看護に関する民間資格を得ることもできますが、もし認定動物看護師が国家資格となった場合は、人間を対象とした看護師資格と同じく、資格がなければ動物看護師として勤務することはできなくなっていくでしょう。

動物病院への就職が希望なら学校に通う必要がある

実務未経験者が動物看護師統一資格試験を受けようとする場合、受験資格には「動物看護関連の学校を卒業したか、あるいは卒業見込みであること」が条件になっています。

また、この先は団体が定める特定の学校で学ぶことが求められるようになってきます。

現時点では動物病院に看護師として勤務するのに資格は必要ないものの、今後はその状況も変わってくるかもしれません。

こういった流れから、将来、動物病院で動物医療に関わりたいという希望があるのであれば、通信講座で学ぶだけでなく、機構が定める専門学校に通うことも検討したほうがよいでしょう。

同時に、動物看護師の資格等に関する最新の情報もつねに追っていくことが大切です。

仕事体験談