ドッグトレーナー(犬の訓練士)の役割

犬に人間と一緒に暮らすためのマナーを教える

ドッグトレーナーの役割は、ペットとして飼われている犬に対して、人と一緒に暮らすためのさまざまなマナーを教えることです。

現代社会では一軒家のみならず、マンションで小型犬を飼育する人も増えています。

ペットを家族の一員として迎え入れることはもはや珍しくなくなっていますが、もし自分の飼っている犬が無駄吠えをしたり、他の住人に噛みついてしまったりすれば、大きなトラブルを引き起こしかねません。

ペットと人が一緒に楽しく暮らすためには、犬に対してしっかりとしつけを行い、日常生活のマナーを教えることが不可欠なのです。

そこで、ドッグトレーナーは飼い主から依頼を受け、ペット犬に対して食事・散歩・トイレなどのマナーを教えていく役割を担います。

飼い主へのアドバイスも行う

いくらドッグトレーナーが丁寧にしつけを行ったとしても、飼い主の元へ引き渡した途端、また無駄吠えをしてしまったり、本来すべき場所でないところでトイレをしてしまったりしたら困ったもの。

「犬は頭のよい生き物」と言われることもよくありますが、犬種によって覚えが悪かったり、中には飼い主に逆らったりする子もいます。

飼い主が日々継続的に正しく犬と接し、犬と良好な関係を築いていけるよう、ドッグトレーニングのプロとして飼い主に適切なアドバイスを行っていくことも、ドッグトレーナーの大事な役割です。

ドッグトレーナーという職業がまだ確立していなかった時代は、飼い主が自分の判断で犬にしつけをする場面も多く見られました。

しかし、最近では犬の幼少期から専門家であるドッグトレーナーにしつけを依頼する人が増えています。

ドッグトレーナーは飼い主の要望や悩みごとを聞き出し、一頭ごとの特徴や習性をよく理解したうえで、根気よくしつけていくことが求められます。

犬の訓練士の役割

ドッグトレーナーと似たような職業でも、警察犬や盲導犬などの使役犬を相手にするのが「犬の訓練士」です。

こちらの場合、人と暮らすためのマナーを指導するのではなく、あくまでも人間の命令の下、与えられた「仕事」が確実にできるように訓練していく役割を担います。

犬の訓練士は訓練所で犬と一緒に生活しながら、時間をかけて一人前の使役犬となるよう育てていきます。