ドッグトレーナー(犬の訓練士)のつらいこと、大変なこと

思い通りにならないことは多い

まだきちんとしたマナーが身に付いていない犬をトレーニングしていくのは、一筋縄ではいかないことも多いです。

犬種によっては扱い方が難しく、苦労を感じることもあります。ただし、ドッグトレーナーはどのような犬種・個性の犬に対しても、平等に愛情を注いでトレーニングを行っていかなくてはなりません。

ドッグトレーニングに楽しそうなイメージを抱いている人は多いかもしれませんが、実際には思い通りにならないことのほうが多いくらいです。

何度犬に同じことを教えても正しく動いてくれず、うまく結果が出ないと落ち込みそうになることもあります。

それでも、地道にしつけを続けていけば必ず成果は出てくるものです。犬以上に、まずトレーナー自身が根気強さを持っていなければならないのがこの仕事です。

収入や待遇に満足できないことも

犬と接することに喜びを感じられる人にとって、ドッグトレーナーの仕事は天職といえるかもしれません。しかしながら現段階においては、収入や待遇に関して、あまり恵まれた職業とはいえないのが実情です。

企業に勤める場合でも、大手以外はあまり待遇が良くなく、正社員の採用も決して多くはありません。

犬の訓練士を目指して訓練所に住み込みをする場合は、生活費が保証されるケースが多いですが、拘束時間や勤務時間は長くなりがちです。

とくにやんちゃな犬や大型犬を扱う場合などは、トレーナーも体力を消耗します。ペットを眺めて「かわいい」と思うだけでなく、心身ともに強くなければ務まらない仕事だということを覚えておきましょう。