ドッグトレーナーの就職、求人状況

求人はあまり多くない

ドッグトレーナーの就職状況は若干厳しいといえます。

代表的な就職先として挙げられるのは、ペットショップ、トリミングサロン、ペットのしつけ教室、NPO法人などさまざまですが、犬の訓練をしている企業の数自体がさほど多くないため、正社員の求人量も少なめとなっています。

アルバイト・パートや臨時職員の募集は目立つため、まずは現場に入って経験を積み、そのスキルを武器にして正社員を目指す、といった方法をとることも考えたほうがよいかもしれません。

また、警察犬学校や盲導犬協会に所属する「犬の訓練士」になりたい場合は、見習訓練生としての募集人数が少ないため、かなりの難関となります。

資格を取得すると有利になることも

ドッグトレーナーは、資格を持っていなくても仕事を行うことができます。

ただし、正社員を狙っての就職活動になると、実務の経験年数を問われることがあるため、アルバイトやパートでドッグトレーナーとしての経験を積み、その期間中にドッグトレーナーの資格を取って就職活動をする人も多いようです。

アルバイトで仕事を始めたとしても、資格を取れば正社員登用されるケースもあるようです。

しかし、資格以上に経験や能力が重視される職業であることから、資格を取れば必ず就職できるとは考えておかないほうがよいでしょう。

どうにかして現場に入り込む道を探り、そこからステップアップしていく努力が必要になります。

活躍できる領域は広がりつつある

最近は、犬を使って心身のリハビリテーションを行う「ドッグセラピー」が、高齢者施設や医療機関、福祉関連機関で注目を集めています。

高齢化社会が進んでいること、多様なストレスを抱える人が増えていることもあり、医療や福祉、教育など「犬との触れ合い」が活用される領域は今後も広がっていくことが予想されます。

現状ではドッグトレーナーの求人数はあまり多くないものの、社会全体として犬を必要とされる場所が多くなっていること、また犬の飼育数も比較的安定しているため、これから先ペットビジネスの拡大にともなって、ドッグトレーナーの採用状況も変化していくかもしれません。