ドッグトレーナーの1日

施設で働くドッグトレーナーのある1日

ドッグトレーナーといえば、犬と接しながらしつけをしている姿を想像する人は多いでしょう。では、その他にはどのような仕事があるのでしょうか。そして、いったいどのような毎日を過ごしているのでしょうか。

ここでは、ドッグトレーニングを行う施設に勤めて働くドッグトレーナーのある1日を紹介します。

8:00 出勤

出勤すると、制服に着替えて身なりを整えます。他のスタッフも続々と出勤してくるので、元気にあいさつして気持ちよく1日をスタート。

8:30 朝礼

今日の予約の確認やスケジュールについて、スタッフ全員でミーティングします。

8:45 預かっている犬の世話

この施設には、飼い主に連れられて通ってくる犬だけでなく、何日か預かってしつけを行う犬もいます。ステイしている犬に対しての餌やり、トイレ掃除、散歩をします。

9:30 来客

予約の入っていたお客さまがやってきます。まずは飼い主としっかりコミュニケーションをとり、悩んでいることや問題点を聞き出します。

10:00 トレーニング

犬のしつけを行っていきます。頭ごなしに叱ったりするのではなく、犬の特徴を見極めながら信頼関係を築くことが大切です。

11:30 休憩

トレーニングでは体をたくさん動かすため、お腹がペコペコに。しっかりと食事をとって、午後の仕事に備えます。

12:30 来客

午後も休みなくトレーニングを続けます。トレーニング場所が汚れていたら、なるべくこまめに掃除して清潔を保つように心がけます。

14:00 電話対応・問い合わせ対応

お客さまからメールや電話でお問い合わせが入ることも多いため、スタッフが交代で対応していきます。

16:00 飼い主へのしつけ教室

犬に対して直接しつけを行うだけでなく、飼い主が自分の犬に対して上手にしつけができるようアドバイスする場を設けています。犬とのコミュニケーションのとり方、疑問質問にも丁寧に応えます。

17:30 事務作業

当日の仕事内容に対して日誌をつけたり、他のスタッフと情報共有を行います。預かっている犬の様子を飼い主に報告することもあります。

18:00 勤務終了

トラブルがなければ残業はさほど多くありません。まっすぐ家に帰る日もあれば、買い物を楽しんで帰ることもあります。