ドッグトレーナーの独立・開業

独立・開業して働くとは

ドッグトレーナーは、犬のしつけ教室や、しつけサービスを提供するペットショップなどに勤務して働く人のほか、独立をして仕事をしている人もいます。

独立する場合、自らしつけ教室を開業して経営していくこともあれば、フリーランスとしてお客さまの元へ出向き、「出張トレーニング」といった形で犬のしつけを行うこともあります。

独立をすれば自分の力で道を切り開いていく実感が味わいやすく、身につけてきた知識や技術をおおいに生かすことができますが、ここからは、独立・開業する際の注意点などについて見ていきたいと思います。

独立・開業の際の注意点

もしドッグトレーナーとして開業を考える際には、いくつかの手順を踏む必要があります。

まず、仕事として動物を扱う場合には「第一種動物取扱業」の届出をしなくてはなりません。

これは、訓練のほか、ペットホテルやペット販売、ペットシッター、トリミングなどの行為も該当します。

ドッグトレーナーは自宅で開業をする人もいますが、その場合にも届出が必要になるため注意が必要です。

なお、自治体によって届出の申請先は異なるため、お住まいの地域の自治体に確認してください。

トラブルを防ぐための準備も入念に

ドッグトレーナーは、お客さまとなる飼い主から犬を預かって訓練を行います。

飼い主の連絡先はしっかりと確認しておき、狂犬病の予防接種が済んでいることを確認しておいたほうがよいでしょう。

また、万が一のことがあったときのために、最寄りの保健所や動物病院を把握しておくことが大切です。

独立・開業して成功するには

ペットとして犬を飼う人が増え、また「しつけ」の重要性が再認識されていることから、ドッグトレーナーの需要も安定しているといえます。

しかし、数多くのしつけ教室が登場しているなかで、独立・開業して成功するのは簡単なことではありません。

ドッグトレーナーとして技術を磨くことはもちろん、お客さまを集め、売上を安定的に上げていくためには「経営者」としての勉強も必要になります。

そして、何よりも大切な命を扱う責任感と使命感を持ち、お客さまに対して誠実に向き合う姿勢が不可欠です。