土木作業員の怪我・事故・危険なこと

重大事故が多数発生

土木作業員に限らず、建設現場で働く人は皆、常に事故の危険と隣り合わせであるといえます。

そんな中でも土木作業員を取り巻く危険は重篤なものが多く業界全体で安全対策を行っているものの最悪の場合死に至るケースも起きているのが現状です。

土木現場における資材の下敷き、トンネルや地下道掘削の際に壁や天井が崩落することによる生き埋め、高所からの落下、ガス爆発や感電などのニュースを目にしたことがある人も多いでしょう。

このような事故を防ぐために作業員は皆高い意識を持って作業に従事しています。

志願する人はこの現実を受け止め、怯むのではなく気を引き締めて志望するようにしましょう。

一人親方の労災未加入問題

土木作業員が常に危険と隣り合わせであることは前述の通りです。

いわゆる雇われの作業員の場合は会社で労災保険に加入しているため、万が一事故にあった場合も補償を受けることができます。

問題は個人で活動している一人親方の場合です。

一人親方は労働者ではなく事業主であるため、自分で労災に特別加入する必要があります。

しかし、実際のところ未加入者も多いため、事故にあった際も表立つことはない上、補償を受けることができないということが問題になっています。

各作業員の「注意力」が事故防止の近道

土木業界では事故防止のため、安全対策を強化していますが残念ながらそれでも年間数件は重篤な事故が発生しているのが現状です。

事故をなくすには業界全体の対策強化のみならず現場の作業員一人ひとりが高い意識を持って従事することが必要不可欠です。

土木作業員に一番大切なことは技術力や体力であると思われがちですが、それは注意力であるといわれています。

注意力があれば、安全確認を怠ったり、安易に集中を切らしたりなどの事故の引き金になるような行動をとることはありません。

重篤な事故が起きると会社全体の信用の低下を招きます。これは会社にとって大きな痛手です。

土木作業は体力勝負であるといわれることが多いですが一番重要なのは注意力であることを心得ておきましょう。

常に現場は整理整頓

現場で安全管理を行っている土木責任者は事故防止のためには作業開始前の確認作業を大切にしています。

具体的には、工事をするにあたって適切な位置に看板やカラーコーンがおいてあるかを必ず確認してから作業に入ることが挙げられます。

これを怠ると作業員のみならず一般の人に怪我を負わせてしまう危険性が生じてしまうため、どの現場でも必ず行われています。

さらに現場での足元の整理整頓も必要不可欠です。必要のない機械や資材が散らかっていないかどうか、危険な凹凸がないかどうかなどの確認を行うことで作業員の安全も守ります。

土木現場ではとても些細な出来事、失敗が大事故、大災害に直結するため、土木責任者を始め、作業員一人ひとりが常に現場全体を見渡し、危険につながりかねない要素を摘み取っていくことが大切なのです。

任意の傷害保険に加入しておく

作業中に怪我をした場合、労災保険で補償を受けることができますが、最近では土木作業員向けの任意保険も充実してきているため、自身で加入しておくのもよいでしょう。

月々の支払いは発生するものの、もしもの時に手厚い補償を受けることができるため安心です。とくに家庭を持っている人は入っておく方が良いかもしれません。