土木作業員の一日

土木作業員の1日の流れ

7:00 出勤 (向かう現場への距離によって時間は変動。)

事務所に集合し、社用車に必要な道具類を積み込み、全員揃ったら出発。現地集合の場合もあります。

7:50 現場到着・朝礼

朝礼では1日の流れや注意事項等を確認します。朝礼終了後はラジオ体操で体をほぐします。

8:00 作業開始

まずはスコップで現場の土や石を平らにします。

夏場は適宜水分補給を行い、熱中症に注意します。

10:00 休憩(15分間)

コーヒーを飲んだり、軽食をとったりして小休止。集中力を持続させるために大切な休憩です。

10:15 作業再開

先ほど均した場所に鉄筋、鉄の型枠を運び組み立てます。

その後コンクリートを流し、専用の機械で固めていきます。

12:00 昼食(1時間)

それぞれ持参した弁当を食べたり、飲食店に出かけたりして過ごします。

他社の職人とのコミュニケーションも仕事のうち。昼寝をして体力回復に努める様子も見られます。

13:00 作業再開

一日のうちで一番陽射しの強い時間帯であるため、注意力不足による事故に十分注意しながら作業に当たります。

まめな声掛けが必要不可欠。

15:00 休憩(15分間)

作業終了前の最後の休憩。一日の進捗状況を調整します。

17:00 作業終了・片付け

ハードな肉体労働であるため次の日のことも考えてほとんどの会社が残業をさせていません。

17:15 終礼・現場出発

一日の作業の進捗を確認し、次の日に備えます。怪我や事故等があった場合はここで情報を共有し、注意喚起を促します。

社用車に乗り込み帰社、到着後、その場で解散します。

日勤と夜勤がある

前述のタイムテーブルは一般的な日勤帯の流れになりますが、土木作業には夜勤帯の勤務もあります。

たとえば道路工事の場合は昼間に作業を行うと交通渋滞を引き起こす原因になってしまうため、比較的交通量の少ない深夜の時間帯に作業を行うのです。

また線路工事なども作業を終電後に開始し、始発前に終了させることでダイヤに影響しないように配慮しています。

昼夜問わず請け負う会社もあるようですが、どちらかの時間帯を専門にする場合が多いようです。

なお、深夜の作業は身体的に負担も大きいため、特別手当が付与されます。

無事故で1日を終えるために

土木作業現場は重大事故が発生しうる危険に常にさらされています。各社、事故対策には細心の注意を払っており、社を挙げて安全第一に努めていますが、それでも年間数件の重大事故が発生しているのが現状です。

事故を1件でも減らすためには作業員一人ひとりの安全管理が必要不可欠になってきます。

具体的には作業前に現場の安全確認を行うこと、作業中は集中力を維持すること、相互の声掛けを行うこと、機器は正確に扱うことなどが挙げられます。

どれも基本的なことばかりですが、これを怠ったあまりに起こってしまった事故は数多く存在します。

とくに夏場の気温が高い時間帯は集中力が切れやすいため、小休止をこまめにはさんだり、相互の声掛けを意識的に行うなどして各人が事故の防止に努めています。

地域とのコミュニケーションも怠らない

土木作業は大規模である上に大きな音や振動が発生するため、工期の間は少なからず地域住民に不自由を感じさせることになります。

そのため、事前に説明会等を行って理解、協力を得られるように努め、工期の間も配慮を欠かしません。

歩行者の誘導や注意喚起のため、看板等を設置するのみならず、実際に作業員が現場に立って対応しています。