アルバイトの土木作業員

豊富な求人

土木作業員が手がけるのは公共事業等の規模の大きな工事が多いため、何よりも多くの人手が必要になります。

工事の規模によっては正規で雇用している作業員だけでは賄えないこともあるので、そのような場合にはアルバイトを募集し、人員を増やしています。

その頻度はかなり高く、求人をみつけるのは容易であると考えていいでしょう。

能力制の日給換算

土木作業のアルバイト料は日給換算で支払われます。未経験者であれば8000円前後が相場です。もちろん経験者の場合はここからさらに上乗せされた状態からスタートします。

会社によっては日払い制を採用しているところもあるため、この点をメリットと感じる人もおおいかもしれません。

そして勤務開始後、実力に応じて昇給が期待できるのがこのアルバイトの魅力であるといえます。

ただし、勤務日数に応じた分の給料しか発生しないため、雨等で休工になった場合は当然無給となります。

期間限定で働ける良さとは

土木作業の求人には「短期歓迎」の文言が多く見られます。

採用側としてはたとえ短期であっても人手が欲しいため、勤務期間に縛りのある人に対しても門戸を広げていることがわかるでしょう。

これは応募側にとってもある意味ではメリットのあることです。

たとえば将来的に土木の仕事に携わりたいと考えている学生が長期休暇を使って現場のアルバイトをすることは自身の適性の確認ができるだけでなく、来たる就職活動においてもアピールポイントにすることができます。

土木作業員に興味を持っている人はまずアルバイト経験をしてみるといいかもしれません。

運転免許は取得しておこう

土木作業員のアルバイトは経験、学歴を不問としているところがほとんどですが唯一普通免許の所持を必須としている会社が散見されます。

移動等で必要であったり、急な資材の運搬等で運転を任されたりすることがあるため、免許がないといざという時に不便なのです。

アルバイトの面接であっても普通免許の有無を問われることもありますので心得ておきましょう。

仕事は補助的なものが多い

土木作業員の仕事は水まきや資材運び、片付等の簡単なものから重機を用いた専門的なものまで多岐にわたっています。アルバイト作業員の仕事は簡単作業に限定されている場合が多いようです。

もちろん経験者はこの限りではありません。

将来的に土木作業員として正規で働きたいと考えている人にとっては物足りなく感じるかもしれませんがこれも大切な土木作業の仕事。修行だと思って前向きに取り組みましょう。

頑張り次第で正社員登用も

正社員採用を希望する人はアルバイトの際にその意思を先方にはっきりと伝えておきましょう。会社によってはアルバイトを試用期間ととらえ、適性を判断するところもあります。

長期的な付き合いができると判断されれば、専門的な仕事も早く教えてもらえる場合があるため、モチベーション向上にもつながるはずです。

アルバイトが現場を支える

2011年に発生した東北大震災の復興にはまだまだ時間がかかりそうです。現在も被災地では全国の土木作業員が復興作業に携わっています。

また2020年開催予定の東京オリンピックに伴う施設工事には多くの作業員が必要です。

現在、慢性的な人手不足に悩まされている土木業界を救うのは、この時期にアルバイトとして入職した作業員であるといっても過言ではありません。

今後もしばらくは常時土木作業員の求人が出続けることが予想されるため、志願者にとっては求職活動のしやすい時期が続くと考えていいでしょう。