ディスパッチャーの就職先、勤務地、転勤

全国の空港が勤務先となる

ディスパッチャーは、航空会社や、運行管理を専門に行う航空会社の関連会社スタッフとして働いています。

正社員として働く人もいれば、契約社員として働く人もいます。

旅客や貨物を輸送する各航空会社には、必ずディスパッチャーを配置することが法律で義務付けられているため、ディスパッチャーは航空機の発着に合わせ、全国の空港で勤務することになります。

ただし、ローカルエアラインに勤める場合は、その地域の空港のみで勤務するケースもあるなど、自身がどの空港で働くことになるかは勤務する会社の種類や規模等によって異なります。

転勤・異動はある?

一概にはいえませんが、会社によってはディスパッチャーも全国転勤を命じられることがあります。

また、航空会社によっては海外の空港で勤務となる可能性もあるようです。

なお、一般的に航空会社に勤務するディスパッチャーは「総合職(地上系事務職)」として一括採用されたのち、会社から適性が認められることで運行管理業務に携わるようになり、キャリアを積んでいます。

この仕事は誰でもすぐにできるものではなく、一人前になるには現場経験を重ね、「航空無線通信士」や「運航管理者技能検定」といった国家資格の取得が必要となるなど、それなりの時間を要します。

そのため、もし運行管理系の部署に配属となった場合、基本的にはその道でずっと歩んでいくことになり、本人の強い希望等がない限り、他部署への異動はあまりないようです。

一般的に、大手に勤めるほど転勤エリアが広かったり転勤の頻度も高くなる傾向にあるようですが、詳しい事情は企業によっても異なるため、就職前によく確認しておきましょう。