ディスパッチャーの資格

関連する資格は2種類

ディスパッチャーとして働くためには、航行中の航空機と交信するために必要な「航空無線通信士」と、運航管理に携わるための「運航管理者技能検定」の2種類の資格を取得する必要があります。

いずれも国家資格となりますが、ディスパッチャーを目指す場合、まずは航空会社へ就職し、運航管理に関わる部署に配属されたのちに必要な勉強や訓練を経て、合格を目指すのが一般的となっています。

なかでも、運航管理者技能検定は受験のために一定の実務経験などが求められるため、誰もが簡単に合格できるものではありません。

ここからは、そんな運航管理者技能検定について詳しく紹介していきます。

試験の概要

「運航管理者技能検定」は、国土交通省が管轄する試験です。

学科試験と実地試験の2段階となっており、学科試験では「空中航法」「航空法規等」「航空気象」「航空工学」「航空通信」「施設」に関する問題がマークシート形式で出題されます。

一方、実地試験では「天気図の解読」や「航空機の航行補助」に関する能力で合否が判断され、学科試験に合格後2年以内に実地試験に合格すれば、資格を得ることができます。

また、試験を受けるためには以下の2点を満たす必要があります。

・21歳以上であること
・操縦、空中航法、気象業務、機上での無線設備操作、航空交通管制業務、運航管理者の補助
上記、いずれか1つの経験を2年(運航管理者補助の場合は1年)以上、または2つ以上の経験を各1年以上経験していること

ディスパッチャー候補生は、これらの国家資格を得ることに加え、各社が定める社内試験への合格を目指しながら実務経験を積んでいくことが、一般的なキャリアステップとなっています。