ディスパッチャーの勤務時間・休日

24時間態勢、交代制で働く

ディスパッチャーは、国内外の空港にて航空機の発着時間に合わせた勤務をしています。

そのため、たくさんの航空機が離着陸する大きな空港になると朝も夜も関係なくさまざまなスタッフが活躍しており、空に関する情報の収集や監視を行うディスパッチャーの多くも、24時間・365日態勢で働いています。

ただし、もちろん一人が寝る間もなく働き続けるわけではなく、複数のディスパッチャーが交代制で勤務する形が一般的です。

そのため、早朝に出勤して日中の時間帯に働く日もあれば、午後から出勤して夜まで働く日もあります。

とくに国際線を担当する場合には不規則な勤務になりがちです。

フルタイムで働く場合、1日の実働は8時間程度となっています。時間がきたら次のスタッフと交代するため、何か大きなトラブルが起こらない限り、残業時間はさほど多くないようです。

休日も不規則

フライトは、土日祝日だからといって休みになるわけではありません。そのため、ディスパッチャーも平日・週末関係なく働いており、休日は交代制でとることになります。

シフトは勤務先によって若干異なりますが、「4勤2休」で「月に10日程度」の休みが一般的なようです。

平日が休みになることが多いため、土日休みの友人となかなかスケジュールが合わせられないといった悩みを持つ人もいますが、街が空いている日に出かけることができたりと、シフト休みならではの良さもあります。

なお、空港は世間が休みの年末年始やゴールデンウィークなどになると、お客さまが一気に増えてとても忙しくなります。

ディスパッチャーがこうした時期に連休をとることは難しいですが、余裕のある時期であれば、他のスタッフとの調整によって、好きなタイミングで有給休暇をとることも可能です。