ディスパッチャーの1日

フライトごとに飛行計画を立て、地上からフライト中の機長サポートを行うディスパッチャーは、常にフライトの発着時刻に合わせて仕事をしています。

勤務する空港にもよりますが、早朝から深夜までフライトがある場合には、1日2交代制あるいは3交代制で働くことが一般的となっています。

ここでは早番のディスパッチャーの1日をご紹介します。

ある空港で働くディスパッチャーの1日(早番)

06:15 出勤

メールチェックをし、前の時間帯に働いていたスタッフとの引継ぎを行います。

06:30 勤務開始

担当するフライトの計画を立てるために、運航に必要な情報を集めます。

当日の気象や航空機の状態、目的地や代替空港、お客さまの情報等から、最善の飛行ルートや必要燃料量などを考えていきます。

7:15 ブリーフィング

自身が作ったフライトプランに基づいて、機長と飛行計画の内容についてのミーティングを行います。

最も重視することは安全性。ディスパッチャーとしての意見を述べたうえで、機長の合意が得られれば出発となります。

8:30 飛行中の機長をサポート

担当の航空機が無事に離陸してからも、ディスパッチャーの仕事は続きます。

機長とは無線を使ってやりとりをし、最新の気象情報から揺れの予測を立てて伝えたり、運航状況を常に監視していきます。

機長からも、揺れの状況等について報告が入るため、正しく適切な情報を伝えることが大切です。

09:15 着陸に関する情報の提供

航空機が着陸する前には、風向きや雲の高さ、視界の状態等についての情報を機長へ伝えます。

悪天候などの事情によって着陸予定空港への着陸が難しい場合には、代替空港に関する情報を伝え、機長と相談します。

10:30 ブリーフィング

休憩をとったのち、次のフライトのブリーフィングを行います。その後の業務も前のフライトと同様に進めていきます。

何もトラブルなくフライトが終わった瞬間には達成感を味わえます。

14:00 勤務終了

次の時間帯に出勤するスタッフに引継ぎを行い、この日の勤務は終了です。