ディスパッチャーになるための学校(大学、専門学校)

特別な学校で学ぶ必要はなし

ディスパッチャーになるためには、航空会社や航空会社の関連会社に就職し、運航管理を行う部署に配属される必要があります。

そのため、まずはこれらの企業に就職することを目指す必要がありますが、採用試験の受験資格として「大卒以上」と掲げられているケースが大半です。

そのため、ディスパッチャー志望者は大学への進学を考えておいたほうがよいでしょう。

ただし、学部や学科、専攻が問われることはほとんどないため、文系でも理系でもディスパッチャーになることは可能です。

なお、ディスパッチャーのような地上勤務を希望する場合、各航空会社では「総合職(事務職)」として一括採用を行っています。

入社後にディスパッチャーの適性があると認められた人が、運航管理の部署に配属されるケースが一般的となっており、いくらディスパッチャー志望であっても、必ずしも希望が通るとは限りません。

航空関連の専門学校で学ぶ必要はある?

先に述べたとおり、ディスパッチャーになるためには、まず航空会社に就職する必要があります。

全国には、客室乗務員(CA)を目指す人などを対象としたエアライン系専門学校が多々ありますが、ディスパッチャーを目指す場合、「専門学校卒業」の学歴では航空会社の就職試験を受験できないことがあるため、大学進学を検討したほうが可能性は広がるはずです。

ただし、中途採用を行っている航空会社の関連会社の一部では、「高卒以上」であれば受験できるところもあります。

航空会社は学生の就職先としても人気が高いため、きちんと業界や企業研究をして、就職活動に備える必要があります。

とくに大手は競争率も高いので、難関大学を出ておくに越したことはありません。

学生時代に特別な勉強をしておく必要はありませんが、ディスパッチャーには判断力や洞察力、責任感などが求められます。

また、航空業界では英語力も必要とされるため、できるだけ英語の勉強してスキルを高めておくとよいでしょう。