電車運転士のやりがい

大きな達成感が味わえる

電車運転士は多くの人の命を預かるため、業務中は大きな責任感を伴います。安全さと正確さを維持するため、常に集中力を切らさないように働くのは大変だと感じることもあります。

しかし、1日の仕事が何事もなく終われば、「今日もやりきった」という充実感と達成感が味わえます。電車運転士にとっては、平穏無事にお客さまを目的地まで運べることが何よりも大切なのです。

経験が力になる

電車運転士になっても、一流の運転士になるには長年の経験が必要です。いくら勉強や訓練を重ねても、実際の乗務でしか身につけられないものはたくさんあります。

また、何か予期せぬ事態が発生した場合には、運転士の的確かつとっさの判断が求められます。

どんな状況で、どんな判断を下すのかは、マニュアルだけで覚えられるものではありません。「一生勉強」のつもりで学び続ける姿勢が必要ですが、運転技術の向上には終わりがない分、ずっとやりがいを感じながら働いていけるでしょう。

難しい状況を乗り越えてこそのやりがい

大雪や大地震などが発生すれば、電車は安全確保のために運行をストップせざるを得ないこともありますが、駅はたちまち帰宅や通勤・通学できない人たちであふれ返り、大混乱が生じます。

このようなトラブルが起こった際には、電車運転士はもちろん、鉄道会社の社員たちは全員の力を合わせて一刻も早い解決に向けて動きます。

このような大変な状況の中で、仲間と協力して無事にお客様の足を確保することができた時には、何よりも大きなやりがいを感じられるといいます。