電車運転士の現状と将来性

若手の育成が急務

団塊の世代の電車運転士が大量に退職し、運転士は全体的に不足していますが、その育成には多大な費用と年数がかかるため、各社ともすでに経験のある運転士を募集する機会も増えています。

しかしながら、定年のことを考えると年配の運転士ばかりにするわけにもいきません。また、体力も大いに必要な仕事であるため、なおさら若い人のほうが向いている面もあります。

そこで、昔に比べると駅員や車掌の経験年数を多少短くしてどんどん経験を積ませ、早いうちから運転士を育てようとする方針もあります。そのような意味では、若い人にとってはチャンスともいえるでしょう。

ただし、経験がモノをいう仕事でもあるため、厳しい訓練と勉強を乗り越える本人の努力や意欲、熱意は欠かせません。

電車運転士は体力、精神力、健康状態、適正…などさまざまな条件が揃わないとなれない仕事ですが、技術を身につければ活躍できる場は広がっていきます。

増える関連事業

各鉄道会社の中心事業は電車を運行することですが、近年では積極的に関連事業へ参入する会社が増えています。たとえば不動産関連事業やホテル・飲食業、百貨店といった流通サービスなどがあります。

関連事業を直接運営するのは基本的に鉄道会社のグループ会社となっていますが、これらを管理する部門として、鉄道会社の中にも「不動産事業部」や「ホテル事業部」などを設置している場合があります。

自社の事業展開への理解が必要

他にも、駅をターミナルにしたバスを運行するバス事業やタクシー事業、船舶事業に参入する鉄道会社もあります。いくらたくさん電車を走らせても、その沿線に人がいなければ利用者は減る一方で、どんどん赤字化が進んでしまいます。

そこで、各社とも自社の電車が走る沿線を開発することで人の流れを生み出し、電車も関連施設等も相乗効果で多くの人々に利用してもらうことを目指しているのです。

駅員や車掌、運転士として働く人が直接的に関連事業の仕事をすることは、自分で望まない限りほぼありません。

しかし、現在では各社とも収益を上げるためにさまざまな工夫をしており、経営方針も異なります。自社がどんな関連事業を展開しているのか、どのような方向を目指しているのかについては、社員としてしっかりと理解しておく必要があります。