電車運転士の志望動機

「電車が好き」なのは当たり前

電車運転士を目指している人は、ほぼ100%電車が好きであるはずです。実際に現役の運転士も、幼い頃から将来は運転士になりたいと夢見てきた人が多くいます。

電車が好きで電車を運転したいと思うのは、素直な志望動機の一つでしょう。

しかし、志望者はみんな電車が好きであるため、このアピールは採用担当者にはあまり評価されない可能性もあり、電車が好きであることからもう一歩進んで志望動機を考える必要があります。

たとえば自分の目指す運転士像を考えてもいいですし、お客さまに対して「こんなサービスをしたい」という気持ちを志望動機にするのもよいでしょう。

各鉄道会社の特徴を理解して、その会社の社員になりたい理由を話すことも大切です。「この子は本当にやる気がある」と思われるためには、明確な志望動機が必須です。

駅員の仕事も忘れずに

鉄道会社の就職試験に合格して採用されても、いきなり運転士として働けるわけではありません。まずは駅員からスタートし、車掌になり、国家試験に合格してやっと運転士になるまでには最低でも数年かかります。

そのため、将来的に運転士になりたいという熱意はあっていいのですが、それだけでは不十分だといえます。

特に、最初に経験する駅員の仕事では、改札業務や駅構内の案内、落し物の問い合わせ対応など、朝から晩まで老若男女さまざまな人と接します。

運転士の仕事も結局はお客さまのためになりますが、駅員は直接お客さまと接する機会が多いだけに、「人の役に立ちたい」いう気持ちがなければ務まりません。

ただ電車が好きで運転したいというだけでなく、自分が鉄道会社の一員としてがんばって働き、「駅や電車を利用するお客さまに喜んでもらいたい」という気持ちをアピールすることが大切です。