電車運転士の求人・採用募集状況

大手鉄道会社の採用は定期的

JRや私鉄の大手鉄道会社では、定期的に鉄道現業職の社員採用が行われています。

運転士になるには駅や電車での業務経験が必要ですが、ここ最近は団塊の世代の運転士がこぞって退職していることなどから、若手を早くから積極的に育てたいという傾向にあると言われています。

ただし、赤字によるコスト削減が命題となっている会社も多く、募集人員が劇的に増えるといったことは考えにくいようです。

現業職の就職は高卒者がかなりの割合を占めており、鉄道会社から各高校へ求人情報が届きます。ただし、過去に採用実績がない高校、進学校で就職者がほぼ皆無の高校等には届かないことが多いため注意が必要です。

高校生の就職は基本的に学校を通さないと応募できないため、もし高校からの就職が難しいようであれば、専門学校や大学に進学し、鉄道会社への就職を目指すことになるでしょう。

専門学校や大学からの就職

鉄道科や鉄道コースのある専門学校に進めば、高校と同じように鉄道会社からの求人情報が届きますが、高卒に比べると数が少ないため受験前に就職状況をしっかり確認しておく必要があります。

また、大学生の場合は高校や専門学校と異なり、自分で鉄道会社の採用情報をチェックしてエントリーする流れが一般的です。

ただし、前述したように現業職は高卒者がほとんどで、特に大学生が鉄道会社へ就職する場合は「幹部候補」としての採用が一般的となっています。

ただし、近年では大卒者の現業職採用も少しずつ増えてきていますので、大卒者が運転士になれる可能性がないわけではありません。