電車運転士の魅力

公共性の高い仕事

電車の利用者数が頭打ちとなり、赤字に苦しむ鉄道会社も少なくない中、各社とも独自のサービスで特色を打ち出そうとしています。

しかし、「電車」という交通手段そのものは昔も今もとても公共性の高いものであり、電車運転士も私たちの便利な生活になくてはならない重要な存在であることは、この仕事の魅力の一つです。

そして公共性が高いだけに、民間の会社の中ではある程度安定している仕事であることも、運転士として安心して働き続けられるポイントになるといえるでしょう。

強い使命と誇りが感じられる

電車運転士は私たちにとって身近な存在に感じられますが、実際は厳しい訓練と勉強を重ねた人だけがなれる大変な仕事です。

電車が好きなことも大切ですが、それ以上に絶対に事故を起こしてはならない、遅れを出してはならないという使命感なくしては務まりません。

また、電車運転士は幼い頃からの憧れによって目指す人がとても多い仕事です。現代でも変わらず子どもたちにとって憧れの仕事でもあり、子どもたちのキラキラした目を見るたびに、「がんばろう!」という誇らしい気持ちになれることでしょう。

大好きな電車のそばで働ける

電車運転士に「電車が大好きでたまらない!」という人はいても、電車が嫌いという人はいません。大好きな電車に毎日触れていられることそのものも、この仕事の大きな魅力です。

また、同じ電車でも車両によって少しずつ癖や特徴が異なるなど、電車の運転はとても奥が深いものだと言われます。訓練を重ねてスキルアップすれば、新幹線を含むさまざまな車両の運転に携わるチャンスも広がります。