女性の電車運転士

女性の電車運転士は珍しくない時代

昔は電車運転士といえば男性の仕事と思われていましたが、現代では全国の鉄道会社で女性の運転士が誕生しています。

女性だからといって仕事内容に違いがあるわけではなく、男性と同じようにバリバリと活躍することができます。JRの在来線はもちろん、路面電車や私鉄、新幹線などの運転士にもなることが可能です。

まだ男性のほうがずっと多い職業ではありますが、女性が年々増えていることは確実です。

それまで男性しかいなかった場所に女性が増えるとなれば、更衣室、トイレ、出産や育児に関する休暇制度…さまざまな課題がありますが、各社とも女性が定着しやすいように少しずつ体制を整えているようです。

世間一般としても、過去に「男の仕事」と思われてきた職場で、女性を積極的に受け入れようという風潮が高まっています。

女性だから敬遠されることはなく、情熱と前向きな気持ちがあれば歓迎されます。気になることがあれば、説明会などで積極的に質問すると良いでしょう。

求められるものも男性と同じ

電車の運行で必須となる「安全・正確・快適」の要素は、女性の運転士であっても男性と同様、常に頭に置いておく必要があります。

また、仕事がら勤務時間が不規則であったり、休憩時間がまとめて長くとれなかったりすることなどにも対応する必要があります。

毎日多大な集中力を要する仕事であるため、日ごろの健康管理や気力、体力の充実も必須です。ストレスは多く楽な仕事ではありませんが、女性でも男性と変わりなく第一線で活躍することができる仕事です。