電車運転士になるための専門学校

電車運転士になるための専門学校とは?

鉄道現業職を目指すための専門学校としては、観光系の専門学校が一般的です。

「鉄道交通科」や「鉄道サービス科」などの名前のコースが設置されている学校であれば、鉄道業界への就職を目的としたカリキュラムが組まれています。

ただし鉄道系の学科といっても、細かく分けると車掌や運転士の方面を目指すものではなく、鉄道車両のメンテナンスのプロを目指すためのコースなども存在するため、パンフレットや学校説明会などで、カリキュラムをしっかりと確認することが必要です。

専門学校からの就職状況

電車運転士になるには、まず鉄道会社に入社して駅員業務や車掌業務を経験する必要がありますが、そのような現業職に就くのは高卒の人が中心となっています。

上記に挙げたような観光系の専門学校であれば学校に求人情報が届きますが、全体の運転士の数を見ると、専門学校卒の運転士は高卒よりもずっと数が少なくなっています。

そのため、電車運転士を目指すための入口としては、まず鉄道会社からの求人がある高校へ進学し、高卒で鉄道会社の社員になるのがもっとも一般的な道だといえます。

ただし、既に高校生の場合など、高校によってはまったく求人のない場合もあるため、その場合は観光系の専門学校に進んでから卒業後に鉄道会社を目指す人もいます。

鉄道会社の現業職の場合、高校にしろ専門学校にしろ自分で鉄道会社の求人情報を探して応募する方法ではなく、学校に届いた求人情報に応募するやり方が一般的となっているため、各学校の就職状況をチェックしておくことが大切です。