電機メーカー社員への転職、中途採用

転職を志望する人は多い

電機メーカーに転職したいと考える人は、今も昔もそれなりにたくさんいるようです。

大手企業も多くあり、それらは知名度が高くブランド力があること、日本を代表するものづくりに携われること、あるいはグローバルな活躍が期待できるなどの理由から、別の仕事をしていた人が電機メーカーに入りたいと考えるケースも多々あります。

そんな人が電機メーカーに入るには、中途採用の試験を受ける必要があります。

各電機メーカーでは新卒採用のほかに中途採用を行い、人員強化に取り組んでいる企業がほとんどです。

大手であれば中途採用での募集人員も比較的多くなっていますし、中堅規模の企業でも人手を欲している企業はたくさんあります。

ただし、定期的に行われる新卒採用に対し、中途採用は不定期での求人となっている場合もあるため、こまめに情報を追っていく必要があるといえるでしょう。

求められる経験・スキルは?

中途採用は、企業によっては「キャリア採用」と呼ばれています。

基本的にはすでに社会人経験がある人を対象としているため、前職での経験やスキルが求められることが多いでしょう。

しかし、どの程度の経験やスキルが求められるかは求人内容によってだいぶ変わってくるため、よく確認しておくことが大切です。

開発や研究の仕事は専門性を要することが多いですが、営業であればほぼ未経験でもOKという場合もあります。

また、電機メーカーとはまったく異なる業界での経験をしてきた人でも、そこで培ったスキルを生かして多数活躍しています。

グローバル展開する電機メーカーが増えていることから、語学力なども大きなアピールポイントとなるでしょう。

また、既卒の人であっても、最終学歴卒業後3年未満である場合には、新卒採用の枠で応募できる企業もあるため、その辺りの確認も必要です。

なお、大手電機メーカーで各地に事業所を設けている企業の場合、事業所別で採用されるケースが多いようです。