電機メーカー社員の給料・年収

平均年収

電機メーカーの平均年収は、600万円~650万円程度とされています。

ただし、電機メーカーはとても数が多く、その規模も超大手といえる企業から中小企業までさまざまです。給料も企業によってだいぶ幅が出ており、大手では平均年収が1000万円を超えている企業やそれに近い企業がいくつもありますが、中小企業では業界の平均年収以下にとどまっている企業もあります。

また、役職によっても年収は変わってくるでしょう。大手で40代で大手の部長クラスになれば、年収1000万円を超える人が多いようです。

日系の大手企業は若干年功序列が残っているところもありますが、実力を発揮すれば若くして昇進し、一気に収入を増やしているケースもゼロではありません。

また、外資系メーカーになると成果主義の要素が濃くなり、営業職などではインセンティブが取り入れられている場合も珍しくありません。

大きな売上を残すことができたり、実績や経験が豊富な人は、より高年収を得やすくなっているようです。

初任給、給与改定、賞与

電機メーカーの初任給は、だいたい最終学歴によって差が付けられています。

たとえば大手企業の場合、修士了であれば月給23万円程度となっていますが、学部卒であれば20万円程度、高等専門学校卒であれば18万円程度となっています。

また、給与改定は年に1回、賞与は夏と冬の年2回という企業が大半を占めています。

諸手当、福利厚生

基本給以外の諸手当として、通勤手当、超過勤務手当、住宅手当、家族手当などがあります。

一定規模以上の電機メーカーは、福利厚生が充実している企業が多いようです。よくあるものとしては、各種社会保険のほか、財形貯蓄制度、企業年金制度、持株制度、寮・社宅、保養施設、運動施設、医療施設などが挙げられます。

大手電機メーカーであれば、福利厚生面で心配することはないでしょう。