女性の電機メーカー社員

電機メーカーに女性は多い?

最近は女性の積極雇用に取り組む企業が増えており、とくに従業員数の多い大手電気メーカーでは、男性ばかりでなく女性社員も大勢活躍しています。

「ものづくりに携わりたい」「世の中の人々の暮らしを支える製品を扱いたい」などの理由から、電機メーカーに興味を持つ女性もたくさんいるようです。

全体としてみると、まだ男性社員のほうがだいぶ多い職場もたくさんあるようですが、女性の姿が珍しいということはなくなってきています。

電機メーカーに興味があるのであれば、女性も自信をもって就職活動に望んでほしいものです。

女性が活躍できる職種

結論から言ってしまえば、電機メーカーではどのような職種であっても、女性が活躍することが可能です。

営業の第一線でバリバリと働いている人もいれば、専門性を生かして研究開発に携わっている人、あるいは会社を裏方として支える仕事に就いている人もいます。

また、最近では女性管理職が増加傾向にあり、男性の部下を率いて部門をまとめている女性リーダーやマネージャーもいます。

女性社員でも意欲さえあれば、どんな仕事にも挑戦できるといえるでしょう。

女性にとっての働きやすさを追求する職場も

結婚、そして出産をした女性が、出産前と同じようにフルタイムの正社員として働きたいと思っても、出張や海外赴任など現実的に無理といったことが出てくると、どうしてもかつてと同じようには働けないかもしれません。

しかし、大手電気メーカーでは、産前産後休暇や育児休暇、短時間勤務、在宅勤務など、女性社員が結婚や出産後も仕事を無理なく続けていけるためのさまざまな制度を充実させています。

こうした制度を利用しながら、可能な範囲で仕事を続けていくことは十分に可能だといえるでしょう。大手は女性の先輩社員もたくさんいるため、周囲にアドバイスを仰ぐこともできるはずです。