電気工事士のやりがい、魅力

電気工事士にしかできない仕事ができる

電気工事士の一番のやりがいは、「電気工事のプロ」として、電気工事士にしかできない仕事がやれるという点です。

電気は目に見えるものでないため、電気工事士も決して目立つ存在ではありません。しかし、自分が関わった仕事は建物と共に残り続けていくため、毎回の仕事が無事に終わるたびに密かな達成感を得ることができます。

身につけたスキルを発揮してお客さまの期待に応え、感謝される喜びは何物にも代えがたいものとなるでしょう。

専門性が高く、成長を実感しやすい

電気工事では、特殊な専門技術や専門知識が必要とされます。

一人前になるまでには何年もかかる仕事であるため、仕事をスタートしてからも日々学び続けていくことが必要になりますが、勉強や現場経験を重ねることによって、最初はできなかったことができるようになったときの満足感は大きなものになります。

できることが増えていくほど、仕事の面白さも感じられるようになるでしょう。

ちなみに、資格を取得すれば給料がアップしたり手当が支給されたりなど、目に見える形で成果が跳ね返ってくることも多々あります。

仕事を通じて自分の成長を感じたいという人にとっては、大きなやりがいを感じられるはずです。

社会の役に立つ喜びも味わえる

私たちの日常生活は、もはや電気なくして成り立ちません。住宅だけでなく、オフィスやビル、ショップ、駅、病院…ありとあらゆる場所に電気が通っており、人々のくらしを支えています。

普段は電気の存在をあらためて感じることはほとんどないかもしれませんが、私たちが安全かつ快適に電気を使えるのは、見えないところで電気工事士の頑張りと活躍があってこそです。

こう考えていくと、たとえ一つひとつの仕事は小さくても、電気工事士は社会に貢献する喜びが実感しやすい仕事だといえ、その点もやりがいにつながっているといえるでしょう。

仕事体験談