電気工事士の仕事内容

電気工事を行うための資格を持っている人

電気工事士は、一般住宅やビル、店舗、病院、工場といった、あらゆる建物の電気設備の設計・施工を行う仕事です。

新しい建物を建設する際には電気配線や配電盤の据え付けを行ったり、既存の建物に新しい電気設備を追加したりと、他の建設作業と連携しながら作業を進めていきます。

このような電気設備の工事は危険を伴うため、法律によって特定の資格を所持する人でなければできないことになっており、試験を受けたうえで、その資格を取得した人のことを「電気工事士」といいます。

このように、ある資格を持っていなくてはできない仕事を「業務独占」といいます。電気工事士の資格は、世の中に数ある業務独占資格のうちの一つです。

電気工事士の仕事の範囲

電気工事士の資格には、「第一種」と「第二種」の2種類があります。

それぞれの資格によって、できる業務範囲が異なります。

第一種

「第二種」の範囲に加え、最大電力500キロワット未満の工場、ビルなど、高圧受電の施設の工事を扱うことができます。

第二種

一般住宅や小規模の店舗など、600ボルト以下で受電する設備の工事に従事できます。

第一種、第二種とも取得するためには資格試験に合格する必要がありますが、第一種についてはさらに実務経験も必要とされます。

このほか、電気工事士は高所作業を行うこともあります。高いところにあるネオンのメンテナンス、信号機の電球交換など、街のいたるところに電気工事士の仕事が存在します。

なお、私たちの生活に欠かせない鉄道の電気工事を行うのも電気工事士です。信号システムや架線、駅の照明など、鉄道を安全に動かすために必要とされるさまざまな電気設備の工事や保守業務に携わります。

ただし、鉄道施設での電気工事を行えるのは厳しい条件をクリアした特定の業者のみとなっており、多くの電気工事士はその他の建築物の電気工事に携わっています。

就職先・活躍の場

電気工事士の資格を取得してからは、就職先を探すことになります。

電気工事会社、建設・建築会社のほか一部の家電メーカーなどが、電気工事士の主な就職先となります。

会社によって、一般家庭の工事だけを行っていたり、ビルなど大きな建物の配線工事を得意としていたりと、業務範囲は異なります。

経験を積むことで独立することも可能ですが、最初はどこかの会社で現場経験を積みながら成長していくことが一般的なステップアップの流れです。

なお、電気工事士の資格に加え、「ボイラー技士」や「消防設備士」といったその他の工事に関わる専門職の資格を併せて取得することで、業務の幅を広げている人もいます。

仕事体験談