電気工事士になるには

電気工事士の資格を取得する

電気工事士として働くには、「電気工事士」の資格試験に合格する必要があります。電気工事士は業務独占資格となっているため、この資格を持たない人が電気工事に携わることは法律で禁じられています。

電気工事士の資格には「第一種」と「第二種」があり、第二種が一般住宅や小規模の店舗、第一種がビルや工場といったように、それぞれ手掛けることができる業務範囲が異なります。

資格試験の概要

第一種、第二種とも受験にあたっての制限はありません。

年齢、性別、学歴に関わらず誰でも受験することが可能になっています。

試験内容は筆記試験と技能試験の2段階で行われており、筆記試験に合格すると技能試験が受けられます。筆記試験はマークシート方式、技能試験では作業用工具を使い、配線図で与えられた課題を実際に完成させます。

なお、第二種試験の場合、高校や高等専門学校、大学などで経済産業省令で定める電気工学の課程を修めて卒業すると、筆記試験が免除されます。そのほか、いくつか筆記試験免除の規定があります。

なお、第一種に関しては資格取得の条件として「実務経験(3年~5年)」が含まれています。実務経験が無くても筆記試験を受講することはできますが、資格は取得できません。

就職先を探す

電気工事士の資格を取得したら、電気工事会社を中心に就職先を探します。

なお、無資格の状態から就職し、見習いとして働きながら電気工事士の資格取得を目指すことができる会社もあります。ただし、どうしても経験者や資格取得者優先の採用にはなりやすく、無資格であれば最初は雑用が中心となるでしょう。

その後、地道に実務経験を積んで第一種を取得し、さらなるスキルアップを目指していくことになります。

電気工事士になるための学校

特定の学校を出ていなければ電気工事士になれないわけではありませんが、電気工事士を養成することを目的とする工業高校、高等専門学校、専門学校などで学べば、早くから電気工事に関わる専門知識について学ぶことができます。

これらの学校では座学のほか実習や資格試験対策なども行われ、就職率も高くなっている学校が多いようです。

そのほか、資格試験対策であれば、通信講座を利用して勉強する方法もあります。なお、文系出身でも独学やスクールに通い、電気工事士の資格を取得して働いている人もいます。

※参考サイト
電気技術者試験センター
http://www.shiken.or.jp/index.html

仕事体験談