電気工事士の勤務時間、休日

会社によって勤務時間はだいぶ異なる

電気工事士の求人情報を見ると、勤務時間に関して、ほとんどは8:00~18:30くらいの時間帯で1日実働7時間半~8時間程度の「日勤」となっています。

しかし、実際の勤務時間に関しては、会社によってだいぶ事情が異なっているようです。

家庭のエアコン取り付け・取り外しやコンセント増設など、一般住宅を対象とする電気工事を行っている場合には、深夜の作業というものはほとんど発生しません。

1日の訪問件数も事前に作業時間を想定したうえでスケジュールを組んでいくため、長時間の残業ということもあまりないようです。

一方、施工中の建物の屋内・外線配線工事などいわゆる現場の仕事になると、また状況は異なります。

作業自体は基本的に朝から夕方までに行いますが、現場工事では必ず「期日」が決められているため、状況によっては残業をしたり、休日出勤をして対応せざるを得ないこともあります。

また、現場がかなり遠い場所になると、往復だけで何時間という時間がかかることもあります。朝8時からの作業開始でも、4時、5時に起きて出勤という人もいるようです。

休日

勤務時間と同様、休日に関しても、会社によってだいぶ事情が異なるといえるでしょう。

基本的に週休2日制で土日休みとしている会社が多いようですが、土曜は出勤ということもあったりとまちまちです。

場合によっては、案件が立て込んでいる時期になると休日返上で出勤することもあります。ただし、長期間に渡っての現場作業が一段落した場合には、連休がもらえることもあるようです。

休日が少ないことを理由に離職する人もいるようですが、すべての会社が過酷な労働環境というわけではありません。

電気工事事業を手掛ける会社は、個人経営で従業員数が10人以下というような小規模のところから、大手企業の関連会社までさまざまあります。

決して規模の大小で働きやすさが決まるわけではありませんが、なかには労働基準法に違反するような劣悪な職場もあるようですので、就職先を探すときは慎重に検討する必要があります。

仕事体験談