データサイエンティストの役割

ビッグデータを活用して事業に貢献

ITが進歩し、情報化社会が進むにつれ、世の中はありとあらゆるデータで溢れるようになりました。

その中でも、とりわけ大容量で複雑化したデータ、つまり「ビッグデータ」を扱う人のことを、世間では一般的にデータサイエンティストと呼んでいます。

データサイエンティストは、「データ処理」や「統計処理」に関する専門知識を持っているのみならず、「処理を行った情報をビジネスへどう活用し、事業や企業が利益を生むためにはどうすればよいのか?」ということを常に体系立てて考え、予測モデルを立てていきます。

もっとザックリといえば、「大容量のデータを活用し、事業の利益に貢献する人」こそが、データサイエンティストといえます。

多様な知識やスキルが求められる仕事

そもそも、企業におけるデータ分析は、ビジネス上の問題解決を図ったり、ビジネスを継続的に改善するために行われることがほとんどです。

そのため、データサイエンティストは単にデータ分析・解析を行うのみならず、ロジカルシンキングやプレゼンテーション能力を駆使して、各事業担当者に難しい専門用語をわかりやすく説明したり、分析結果をわかりやすく伝えていかなくてはなりません。

そのためには、自らが担当するビジネスに関する業務知識や、幅広いITスキルなども必要とされます。

なお、一言で「データ分析」や「統計処理」といっても、その手法はさまざまですし、業界やビジネスによっても求められる知識は異なっています。

しかしながら、データサイエンティスト全体として見ると、あるビジネスの課題に対して「自分の持ちうる知識とノウハウを使って、どうアプローチすれば成果を導くことができるのか?」を考え、専門知識を発揮して事業に貢献することが、データサイエンティストの役割だといえます。