データサイエンティストの求人、募集状況

人材不足の職業

ここ数年、ビッグデータを扱えるデータサイエンティストが大きな注目を集めていますが、近年特に目立つのは、大手IT企業におけるビッグデータの専任組織の立ち上げです。

既にNTTデータや富士通、日立製作所、アクセンチュアなどが数百名体制の組織を立ち上げており、その中にはコンサルタントやアナリストに加え、データサイエンティストも多数含まれているようです。

データサイエンティストはまだまだ人材不足とされる職業であり、各社が優秀な人材の争奪戦を繰り広げている状況のようですから、これから目指す人にとっては大きなチャンスと言えるでしょう。

大きな成長を目指す企業活動には不可欠の職業となっているため、人材募集もさらに活発化することが予想されます。

専門知識・スキルが求められる

実際、少しインターネットを使って調べてみると、Webマーケティング会社やシステム開発会社、メーカー、データ分析専門会社など、さまざまな業界の企業がデータサイエンティストを募集していることがわかります。

とはいえ、この仕事は誰にでもすぐにできるものではないため、応募の時点でそれなりの知識・スキルを有していることが必要です。

たとえば、大学や大学院において統計学や数学、機械学習など業務に関連する専門的な勉強をしていること、データ分析に関わる言語を使ったソフトウェア開発経験、高いコミュニケーション能力などが必須要件として掲げられていることが多いようです。