データサイエンティストの魅力

これから伸びていく職業

IT化が進む現代社会。ここ数年、ビッグデータを扱えるデータサイエンティストに対する注目度が、ますます高まっています。

2013年現在、日本国内におけるデータサイエンティストの数はわずか1000人程度とされていますが、とくにビッグデータの活用が求められる大企業などでは、データサイエンティストの採用活動を積極的に行っています。

また、需要の増大にともない、大学などの教育機関でもデータサイエンティスト育成のためのカリキュラムを設置するところが出てきています。

データサイエンティストは、非常に将来性がある職業のひとつです。活躍の場はこれからさらに増えるものと予想されるため、これから目指す人にとってもチャンスだといえるでしょう。

ビジネスを動かす実感が味わえる

データサイエンティストは、数字やIT、そしてビジネスに至るまで幅広い専門知識を持ち、主に企業において自ら分析したデータを基に、ビジネスの予測モデルを作っていきます。

それは、企業経営とも密接に関わる役割を担っており、実際、経営陣と近い距離で仕事をする機会に恵まれることもあります。

また、データサイエンティストが立てた施策を実行に移すためには、他部署との連携が重要となります。

この職業に就けば、データ分析の専門家としてビジネスに大きなインパクトのある仕事ができるとともに、自らがビジネスを動かしていく。そんな「ビジネスの担い手」としての実感も味わいやすいでしょう。

流れの速いビジネスの世界に身を置き、第一線で活躍していきたい人にとっては、とても魅力的な仕事に映るのではないでしょうか。

ビジネスの課題を解決できる

データ分析を活用することにより、ビジネス上の課題を解決することができるのも、データサイエンティストならではの強みです。

データをうまく扱えば、それまでにはできなかったことができるようになったり、新しい価値を生み出すことができるかもしれません。

もちろん、成果を生み出すまでには試行錯誤することも多くありますが、日々大量のデータと格闘しながら、まるで謎解きゲームのような難しさや面白さを感じられるのもこの仕事の魅力といえます。