データサイエンティストのつらいこと、大変なこと、苦労

進化し続ける技術の勉強が必要

データサイエンティストは、統計学やマーケティング、プログラミングなど、高度な専門知識を駆使してビッグデータを分析していきます。

しかし、この世界は日々進歩しており、より確実な成果を挙げるためには、常に新しい技術と知識を追い求めていかなければなりません。

素人が一目で見ただけでは理解できないような専門用語も非常に多いため、全てを覚えていこうとすると、とてつもない勉強量が必要です。

データサイエンティストは、まだ見えぬ答えを導き出そうという「探究心」が求められる仕事です。目的達成のためには、常に新しい知識を身に付けなければならないため、勉強嫌いな人にとっては難しい仕事かもしれません。

幅広い知識が求められる

一口にデータサイエンティストと言っても、データ分析に使う手法はいくつもあり、おのおの学んできたことも違えば得意分野も異なります。

本来であれば、専門職として複数の人材がお互いの強みを活かして課題解決に向かえればいいのですが、現在ではデータサイエンティストが大きく不足しているため、場面によっては「データが得意な何でも屋」のようにならなければならないこともあるようです。

とはいえ、そもそもデータサイエンティストとは、ただデータ分析と統計ができればいいだけではなく、発想力を活かしてビジネスを創っていくことや、経営的な感覚も求められる仕事です。

期待されている分、負担も大きくなりがちですが、新しい挑戦によって自分のスキルをどんどん磨いていき、活躍の場を広げるチャンスが大いにある仕事だと言えるでしょう。

常に試行錯誤の繰り返し

データ分析には細かい計算の試行錯誤が必要になるため、とても根気のいる作業になります。

また集中力をもって仕事に取り組む必要があり、長時間集中して作業をすることが苦手な人は苦痛に感じることがあります。

データ分析による予測は、あくまで予測でもちろん予測が外れることもあります。

このように予測が外れては再度分析することを、問題解決に向けてくりかえす作業には、集中力と根気が必要です。