女性のデータサイエンティスト

高いコミュニケーション能力が生きる

企業などにおいて、データ分析の主導的な役割を担うデータサイエンティストは、データ分析やIT、ビジネスに関する専門知識が求められる仕事です。

しかし、それと同じくらい必要だとされているのが「コミュニケーション能力」です。

データサイエンティストは、ビジネスの現場で事業に貢献するために、経営層が掲げた課題に対して仮説を立て、分析を行い、成果を出すための施策立案を行います。

そのためには、まず経営陣が何を言っているのかを正しく理解しなくてはなりませんし、分析結果を他部門のスタッフなどの関係者に対して、わかりやすく伝えていく必要もあります。

データサイエンティストというと、論理的な思考力が求められ、男性が活躍するイメージを抱く人も多いかもしれません。

しかし、実際には「聞き上手」であったり、相手の心情を汲み取るのが上手であったりする女性に向いている仕事でもあるのです。

女性を積極的に採用する企業も

とはいっても、現在データサイエンティストとして活躍している人のうち、女性の割合はまだ1割程度ともいわれています。

女性のデータサイエンティストを積極的に採用しようとする企業も徐々に増えつつあります。

特に、化粧品など女性向けの商材や、女性の購買意欲が高いとされる商材を扱うメーカーなどでは「女性の感覚や視点」が重視されるため、より女性のデータサイエンティストの需要が高まっているようです。

データサイエンティストは、企業に就職して活躍する人が大半を占めています。

男女で仕事内容を区別されることはもちろんありませんし、勤務先によっては他の職種と同様に社内制度等を利用しながら、家庭と仕事を両立して働き続けることが可能です。

この先、ますますデータサイエンティストの需要が高まっていくことに応じて、女性の活躍の場も広がっていくものと考えられます。