データサイエンティストに必要なこと

Web業界を中心とする企業において、データ活用の中心人物となるデータサイエンティストは、さまざまなスキルが求められる仕事です。

企業や部署、案件によって必要とされるスキルは少しずつ異なってきますが、全体的にいうと、データサイエンティストに求められるものは、大きく分けて「ビジネススキル」「ITスキル」「統計解析スキル」とされています。

ビジネススキル

データサイエンティストの多くは、企業を中心とする組織で働いています。

ビジネスの現場においてデータを活用し、事業に貢献することがデータサイエンティストのミッションとなるため、まずは自分が担当する分野のビジネスについて深く理解してなくてはなりません。

また、仕事柄、高い論理的思考力やデータから仮説を導き出す力が求められるため、いわゆるロジカルシンキングができることも重要なポイントとなります。

さらに、データサイエンティストが分析・解析したデータを事業に生かすためには、他部門のスタッフなどに、その内容をわかりやすく伝える必要があります。

そのため、プレゼンテーション能力やドキュメンテーション能力も必要になってきます。

ITスキル

ビッグデータを扱うデータサイエンティストは、データ処理やデータベースに関する専門知識も必要となります。

また、環境によっては自らプログラムを書くケースもあるため、プログラミングスキルを持っていると有利に働くといわれています。

実際、データサイエンティストとして活躍する人の中には、ITシステム系の企業でエンジニアとして活躍していた経験を持つ人も少なくありません。

統計解析スキル

データ分析の世界では数学が共通語として使われています。確率・統計、微分積分、行列など、最低でも高校で習うような数学的知識は、最低限必要といえます。

また、データの統計処理手法といった専門知識も習得しなくてはなりません。データ分析手法にはさまざまなものがあり、データサイエンティストは専門のソフトウェアを使って分析していきます。

ただし、すべてのデータサイエンティストが、最初からこれらすべての能力を高いレベルで兼ね備えているわけではありません。

得意分野に特化した仕事をしている人もいますし、いずれかの面を強みにしていると、就職や転職の際に有利に働くことがあるようです。