ダンサーの給料・年収・収入

ステージごとにギャラを得る

ダンサーは、大きくプロダクションや劇団などに所属する人と、フリーランスで働く人に分けられますが、基本的に1ステージや1つの仕事ごとに「ギャラ」という形で給料をもらっています。

ギャラはステージ内容によってもだいぶ異なりますし、個々のダンサーの能力や知名度、経験によっても相当な差があるようですが、一般的にイベントやクラブなどで踊るストリート系ダンサーは、1ステージ3万円ほどと言われています。

バックダンサーの場合は日給でギャラをもらっている人がほとんどで、日に6000円〜1万円程度が相場となっています。超大物アーティストのバックで毎回踊るような存在になれば、もっと収入が増えることも考えられますが、そこまでたどり着ける人はほんの一握りです。

ミュージカルの場合は、一部の大手劇団を除いて公演期間分のみギャラが発生し、主役級以外では一度の公演期間で合計100万以下ということが普通のようです。

ダンス講師、インストラクターとしての給料

このように、ダンサーの仕事は単発で発生することが多く、収入も決して恵まれているとは言えないため、ダンス教室やダンススタジオで講師やインストラクターの仕事と掛け持ちしている人が大半です。

講師やインストラクターになれば、1レッスンあたり3,000円〜5,000円程度がもらえ、毎月ある程度安定した収入が見込めます。自分が踊る仕事だけで安定して食べていけるようになるためには、実力を磨きながら業界での人脈構築も必要となるなど、かなりの苦労があるようです。

その他

ダンサーでありながら、同時に振り付けの仕事を行う人もいます。そうなると収入は大きくアップし、売れっ子の振り付け師になれば年収1000万円以上を得る人も少なくないようです。その他、CM出演などで収入を得る人もいます。

仕事体験談