ダンサーの需要、求人・採用募集状況

キッズダンスの人気が急増中

ここ数年、中学生以下の子どもたちを対象とした「キッズダンス」を教えるダンススクールや講座が増えています。

この背景には、中学校でダンスの授業が必修化されたことや、テレビなどでもキッズダンスの特集がよく組まれるようになり、ダンスに興味を持つ子どもたちが増えたことがあるようです。

キッズダンスは基本的にヒップホップなどのストリート系ダンスが中心となりますが、キッズダンスブームはまだしばらく続くものと考えられ、それをきちんと指導できるダンサーの需要も高まっています。

需要がある分野は?

わりと積極的な募集が見られるのは、クラブイベントなどで踊るダンサーや、アーティストの後ろで踊るバックダンサーです。

これらは単発の仕事も多いですが、小さな仕事で成果を挙げていくうちに認められて、より大きな仕事がもらえることもあるようです。

アルバイトやフリーランスで働いているうちに、専属ダンサーになるという人もいます。この世界では人づてに仕事を紹介してもらうケースも多いため、人脈構築も重視すべきだと言われています。

テーマパークなどで踊るダンサーも常に需要がありますが、人気があるため倍率が非常に高くなることと、採用者数も非常に少ないケースがあるため、厳しい分野だと言えるでしょう。

バレエやミュージカルなどのダンサーを目指す場合は、特定のレッスンを重ねて各団の入団試験を受けなければならないなど、他のジャンルとはまた少し違ったルートになります。

一方、ダンス講師やインストラクターの需要は安定しています。得意分野があると、自分の強みを生かして仕事を見つけやすいでしょう。

仕事体験談